テンプレートライン

line@の対応について

  • できる限りテンプレートを使って、レスポンス速度を高めよう。
  • レスポンスを最重要視したいので、担当する人は名乗らないでください。(だれでも空いている人が複数で対応できるように)
  • どのお客様も紆余曲折あれど、内見~申込までの道筋は同様であるので、利用するテンプレートを組み合わせて使おう。(そのレールに外れる方は見込み客ではない。テンプレートのカスタムは可能)
  • 営業担当は「お客様の希望条件を聞いて物だしを行い紹介する」または「内見アポイントを確定させて名乗る」のいずれかを満たした場合に決定することとします。

 

line@の目的

内見アポを確定させ、類似物件がほかにあるか聞く、類似物件を紹介する旨、伝える。
※二番手、募集終了の場合は未申込の物件で内見ができる物件での内見アポを取ること。
※希望条件が来なかったとしても物件は必ず紹介すること。(逆の立場だったら、lineで条件フォーマットの入力は結構面倒くさい)

お問い合わせ~内見までのフロー

【初回・ご挨拶】

お問合わせありがとうございます。
空室状況を確認致しますので、少々お待ち下さい!

  1. 募集中(申込ナシ)で内見可能
  2. 募集中(申込ナシ)で内見不可(空き予定)
  3. 二番手受付可能(申込あり)で内見可能
  4. 二番手受付可能(申込あり)で内見不可
  5. 募集終了(契約予定)

▽シーンに応じて使う

 

 

▽物件状況確認フェーズ

【1:募集中、内見可能】パターン1

【1-1内見日時の質問】

ここで物件の空室確認と内見可能日の詳細を聞いておく。

お待たせを致しました。
お問い合わせいただいた物件は本日時点でまだ募集中でございます。

内見できない日にちも確認をして、予めお伝えすること。

本日のご案内も可能ですが、ご希望の日時を教えていただけますでしょうか?

※内見不可の曜日:
※内見不可の時間帯:

一旦ここで仮予約という形にしておき、お客様の名前と電話番号を聞いておく。(一括にしないで2つにわけることで名前等が必要なんだというメッセージが埋もれないように)

承知しました。
それではご希望の日時で仮予約をさせていただきます。
内見の予約が確定できましたら、別途でご連絡をさせていただきます。

なお、内見の予約にはお客さまのお名前(名字)と携帯電話番号が必要になります。
大変お手数ではございますが、こちら教えていただけますと幸いです。

【1-2その他検討物件の質問】

※この部分は必ず聞くこと。

なお、その他にもご検討をされている物件はございますか?

もしよろしければ比較材料としまして、類似物件もご紹介させていただきたく存じます。
既にご検討をされている等の物件があるようでしたら、重複してのご紹介を防ぐ意味でもご教授いただけますと幸いです。

→ 教えてもらった場合

ありがとうございます。
それでは「ご検討中の物件名」は省いてご紹介をさせていただきます。
そちらもあわせて弊社からご紹介をさせていただけけるようでしたら、
仲介手数料を割引させていただくことが可能です。

→ 教えてくれない場合

承知しました。
他のご検討中の物件につきましても、もし弊社からご紹介をさせていただけるようでしたら、
仲介手数料を割引させていただくことが可能ですので、ぜひご検討をいただけますと幸いです。

→ 初めての場合で他の物件検討特になし

今のところ、「お問い合わせの物件」が候補なのですね。
承知しました。
一般的なお話になりますが、物件の決定までに3~5物件を内見して比較検討すると言われております。
弊社へお問い合わせをいただいたお客様へはこのくらい物件数のご内見をおすすめしております。

→ 反応がない場合

一般的なお話になりますが、物件の決定までに3~5物件を内見して比較検討すると言われております。
弊社へお問い合わせをいただいたお客様へはこのくらい物件数のご内見をおすすめしております。

【1-3内見アポイントの確定】

※内見にはお客様の名前と電話番号が必要になるので、聞いたうえで確定をさせてください。

大変お待たせを致しました。
ご希望の物件の内見の予約が取れましたので、ご連絡をさせていただきます。
以下ご確認くださいますようお願いいたします。

日時: ○月○日(曜日) 24:00
場所: 物件名のエントランス前
住所:
地図:
担当者:
担当者電話番号:

当日のご連絡は担当者の携帯電話までご連絡をいただけますと幸いです。

【1-4希望の条件を聞く】

※物件の条件は返信が無かった場合でも必ず物件資料は3物件は送ること。
仲介手数料を気にしているお客様の場合、初回内見前の物件提案については、仲介手数料の割引対象にしてOKです。
初回内見時に内見数が増えても、初回で申込になる方が、結果的に時間は使わなくてすみます。

この後、類似物件をいくつかお送りいたしますので、ぜひご検討をいただければと存じます。
以下の項目につきまして、お部屋探しの条件を簡単に教えていただけますと幸いです。

・賃料上限:
・エリア(最寄駅):
・間取り:
・広さ(㎡以上等):
・入居人数:
・引越し時期(いつまで):
・その他こだわり条件:
・お引越しのご理由:

【2:募集中、内見不可】パターン2

【2-1内見希望日時の質問】

ここで物件の空室確認と内見可能日の詳細、先行申込の可否を聞いておく。

お待たせを致しました。
お問い合わせいただいた物件は本日時点でまだ募集中でございます。

内見できない日にち(管理会社の定休日や営業時間)も確認をして、予めお伝えすること。

→ 内見可能日が明確な場合

退去前の物件になりますので、まだ内見ができない状況でございます。
月 日以降に内見可能となる予定です。
内見のご希望がございましたら、ご予約が可能ですので、お申し付けください。

※内見不可の曜日:
※内見不可の時間帯:

→ 内見可能日が不明確な場合

退去前の物件になりますので、まだ内見ができない状況でございます。
◎◎以降に内見可能となる予定で、まだ詳細が決まっていない状況でございます。
内見のご希望がございましたら、仮予約が可能ですので、お申し付けください。

※内見不可の曜日:
※内見不可の時間帯:

一旦ここで仮予約という形にしておき、お客様の名前と電話番号を聞いておく。(一括にしないで2つにわけることで名前等が必要なんだというメッセージが埋もれないように)

承知しました。
それではご希望の日時で一旦、仮予約をさせていただきます。
内見の予約が確定できましたら、別途でご連絡をさせていただきます。

※なお内見可能日は場合によっては変更になる可能性がございます。
※クリーニング前の状態ですので、お部屋の内部が汚れている場合がございます。予めご承知おきください。

なお、内見の予約にはお客さまのお名前(名字)と携帯電話番号が必要になります。
大変お手数ではございますが、こちら教えていただけますと幸いです。

【2-2先行申込の勧め】

※先行申込が可能な場合は必ず送る。
→ 先行申込が可能な場合

なお、本物件は先行申込が可能な物件です。
※先行申込とは退去前の物件を先行で確保し、先に入居審査を進めます。内見可能後に実際に契約するかしないかを判断することのできる申込です。(※入居申込と同様の手順になります。)
内見後に万が一キャンセルとなる場合でも、キャンセル料金等は発生致しませんので、ご安心ください。

 

▽先行申込の詳細はこちらをご覧ください。
https://goo.gl/qafZZ8
よろしければ先行申込をぜひご検討ください。

先行申込の希望があった場合

先行申込をご希望の場合はお客様の「お名前フルネーム」「メールアドレス」「電話番号」「申込者が個人か法人のいずれか」の4点をお伝えください。
頂いたメールアドレスへ申込フォームをお送りいたしますので、内容をご入力いただき、メールでご返信くださいませ。

→ 先行契約になる場合

なお、本物件は先行契約が可能な物件です。
※先行契約とは退去前の物件を内見をしないで契約を締結することです。
そのため、内見後にイメージと違うこと等を理由にキャンセルすることができません。
どうしてもキャンセルということであれば、契約内容に従って解約予告をしていただき、解約をする流れなります。

内見可能日前でも先行契約により物件が終了してしまうケースがございますので、
そのような場合は予めご了承くださいませ。

先行契約の希望があった場合

先行契約をご希望の場合はお客様の「お名前フルネーム」「メールアドレス」「電話番号」「申込者が個人か法人のいずれか」の4点をお伝えください。
頂いたメールアドレスへ申込フォームをお送りいたしますので、内容をご入力いただき、メールでご返信くださいませ。

※なお、先行契約の場合は内見後にキャンセルができませんので、予めご承知おきくださいませ。

【2-3その他検討物件の質問】

※この部分は必ず聞くこと。

【1-2その他検討物件の質問】

【2-4希望の条件を聞く】

※物件の条件は返信が無かった場合でも必ず物件資料は3物件は送ること。
仲介手数料を気にしているお客様の場合、初回内見前の物件提案については、仲介手数料の割引対象にしてOKです。
初回内見時に内見数が増えても、初回で申込になる方が、結果的に時間は使わなくてすみます。

この後、類似物件をいくつかお送りいたしますので、ぜひご検討をいただければと存じます。
以下の項目につきまして、お部屋探しの条件を簡単に教えていただけますと幸いです。

・賃料上限:
・エリア(最寄駅):
・間取り:
・広さ(㎡以上等):
・入居人数:
・引越し時期(いつまで):
・その他こだわり条件:
・お引越しのご理由:

【2-5内見アポイントの確定】

※これは内見可能になった時点で送る項目です。

1-3内見アポイントの確定】

【3:2番手受付可能(申込あり)で内見可能】パターン3

【3-1内見日時の質問】

お待たせを致しました。
大変申し訳ないのですが、すでに1番手の申込者が入っているようでして、
2番手でよろしければ受付可能とのことです。

現時点では内見も可能でございますが、一番手の申込をされている方の入居審査が通過した時点で内見が不可になるそうです。

内見のご希望がございましたら、仮予約をお取り致しますので、ご希望の日時をお伝えください。

一旦ここで仮予約という形にしておき、お客様の名前と電話番号を聞いておく。(一括にしないで2つにわけることで名前等が必要なんだというメッセージが埋もれないように)

→ 内見希望があった場合

承知しました。
それではご希望の日時で仮予約をさせていただきます。
内見の予約が確定できましたら、別途でご連絡をさせていただきます。

なお、内見の予約にはお客さまのお名前(名字)と携帯電話番号が必要になります。
大変お手数ではございますが、こちら教えていただけますと幸いです。

【3-2その他検討物件の質問】

※この部分は必ず聞くこと。

その他にもご検討をされている物件はございますか?

もしよろしければ、お問い合わせの物件も一番手の申込が入っているため、類似物件をご紹介させていただきたく存じます。
既にご検討をされている等の物件があるようでしたら、重複してのご紹介を防ぐ意味でもご教授いただけますと幸いです。

→ 教えてもらった場合

ありがとうございます。
それでは「ご検討中の物件名」は省いてご紹介をさせていただきます。
そちらもあわせて弊社からご紹介をさせていただけけるようでしたら、
仲介手数料を割引させていただくことが可能です。

→ 教えてくれない場合

承知しました。
他のご検討中の物件につきましても、もし弊社からご紹介をさせていただけるようでしたら、
仲介手数料を割引させていただくことが可能ですので、ぜひご検討をいただけますと幸いです。

→ 他の物件検討特になし

今のところ、「お問い合わせの物件」が候補だったのですね。
承知しました。
一般的なお話になりますが、物件の決定までに3~5物件を内見して比較検討すると言われております。
弊社へお問い合わせをいただいたお客様へはこのくらい物件数のご内見をおすすめしております。

→ 反応がない場合

一般的なお話になりますが、物件の決定までに3~5物件を内見して比較検討すると言われております。
弊社へお問い合わせをいただいたお客様へはこのくらい物件数のご内見をおすすめしております。

【3-3希望の条件を聞く】

※物件の条件は返信が無かった場合でも必ず物件資料は3物件は送ること。
仲介手数料を気にしているお客様の場合、初回内見前の物件提案については、仲介手数料の割引対象にしてOKです。
初回内見時に内見数が増えても、初回で申込になる方が、結果的に時間は使わなくてすみます。

この後、類似物件をいくつかお送りいたしますので、ぜひご検討をいただければと存じます。
以下の項目につきまして、お部屋探しの条件を簡単に教えていただけますと幸いです。

・賃料上限:
・エリア(最寄駅):
・間取り:
・広さ(㎡以上等):
・入居人数:
・引越し時期(いつまで):
・その他こだわり条件:
・お引越しのご理由:

【3-4内見アポイントの確定】

※二番手受付の物件だけの内見はほぼ意味がないので、他の候補物件も送ってアポを取るように。どうしても二番手の物件だけの内見になる場合は、必ず振替物件をもっていって、他の物件も内見させること。

1-3内見アポイントの確定】

 

 

【4:2番手受付可能(申込あり)で内見不可】パターン4

【4-1現況の説明と先行申込の勧め、内見仮予約について】

お問合わせを頂いた物件は、まだ退去前の状態ではございますが、先行で一番手のお申込が入っております。
二番手以降のお申込みでよろしければ、受付が可能でございます。

※先行でのお申込みの状態ですので、内見後にキャンセルになる可能性もございます。

 

二番手での受付でよろしければ、内見可能日以降に内見いただくことも可能です。

月 日以降に内見可能となる予定です。
内見のご希望がございましたら、仮予約をお取り致しますので、ご希望の日時をお伝えください。

※内見不可の曜日:
※内見不可の時間帯:

また本物件は先行申込が可能な物件です。
※先行申込とは退去前の物件を先行で確保し、内見前の段階で入居審査を進め、内見可能後に実際に契約するかしないかを判断することのできる申込です。(※入居申込と同様の手順になります。)
内見後に万が一キャンセルとなる場合でも、キャンセル料金等は発生致しませんので、ご安心ください。

▽先行申込の詳細はこちらをご覧ください。
https://goo.gl/qafZZ8
よろしければ先行申込をぜひご検討ください。

→ 内見仮予約の希望があった場合

ありがとうございます。
それではご希望の日時で一旦、仮予約をさせていただきます。
内見の予約が確定できましたら、別途でご連絡をさせていただきます。

※なお内見可能日は場合によっては変更になる可能性がございます。
※クリーニング前の状態ですので、お部屋の内部が汚れている場合がございます。予めご承知おきください。

※内見の仮予約にはお客さまのお名前(名字)と携帯電話番号が必要になります。
大変お手数ではございますが、こちら教えていただけますと幸いです。

→ 苗字、携帯電話の番号がきたら

ありがとうございます。内見日時が近くなりましたら、予約確定のご連絡をさせていただきます。

担当者は◎◎という者になります。 携帯電話:070-・・・・-・・・・

当日のご連絡は担当者の携帯電話までご連絡をいただけますと幸いです。

 

→ 先行申込の希望があった場合

ありがとうございます。先行申込をご希望の場合はお客様の「お名前フルネーム」「メールアドレス」「電話番号」「申込者が個人か法人のいずれか」の4点をお伝えください。
頂いたメールアドレスへ申込フォームをお送りいたしますので、内容をご入力いただき、メールでご返信くださいませ。

【4-2その他検討物件の質問】

※この部分は必ず聞くこと。

その他にもご検討をされている物件はございますか?

もしよろしければ、お問い合わせの物件も一番手の申込が入っているため、類似物件をご紹介させていただきたく存じます。
既にご検討をされている等の物件があるようでしたら、重複してのご紹介を防ぐ意味でもご教授いただけますと幸いです。

→ 教えてもらった場合

ありがとうございます。
それでは「ご検討中の物件名」は省いてご紹介をさせていただきます。
そちらもあわせて弊社からご紹介をさせていただけけるようでしたら、
仲介手数料を割引させていただくことが可能です。

→ 教えてくれない場合

承知しました。
他のご検討中の物件につきましても、もし弊社からご紹介をさせていただけるようでしたら、
仲介手数料を割引させていただくことが可能ですので、ぜひご検討をいただけますと幸いです。

→ 他の物件検討特になし

今のところ、「お問い合わせの物件」が候補だったのですね。
承知しました。
一般的なお話になりますが、物件の決定までに3~5物件を内見して比較検討すると言われております。
弊社へお問い合わせをいただいたお客様へはこのくらい物件数のご内見をおすすめしております。

→ 反応がない場合

一般的なお話になりますが、物件の決定までに3~5物件を内見して比較検討すると言われております。
弊社へお問い合わせをいただいたお客様へはこのくらい物件数のご内見をおすすめしております。

【4-3希望の条件を聞く】

※物件の条件は返信が無かった場合でも必ず物件資料は3物件は送ること。
仲介手数料を気にしているお客様の場合、初回内見前の物件提案については、仲介手数料の割引対象にしてOKです。
初回内見時に内見数が増えても、初回で申込になる方が、結果的に時間は使わなくてすみます。

この後、類似物件をいくつかお送りいたしますので、ぜひご検討をいただければと存じます。
以下の項目につきまして、お部屋探しの条件を簡単に教えていただけますと幸いです。

・賃料上限:
・エリア(最寄駅):
・間取り:
・広さ(㎡以上等):
・入居人数:
・引越し時期(いつまで):
・その他こだわり条件:
・お引越しのご理由:

【5:募集終了・契約予定】パターン5

【5-1 現況の説明と空き待ち登録の勧め】

お問合わせを頂きました物件は、現在一番手のお申込が入っており、
そのまま契約までお話が進みそうとのことでございます。
そのためこちらのお部屋につきましては、大変申し訳ございませんが、ご紹介ができない状況でございます。

せっかくお問い合わせをいただきましたのに、誠に申し訳ございません。

【お問い合わせに物件に募集が出たら教えてほしい場合】

賃貸百貨のサービスで空待ち登録機能を実装しております。
以下のフォームからお客様のメールアドレスとご希望の間取りをご入力いただければ、
条件にあったお部屋に募集がでるとメールでお知らせを致します。

もしこちらの物件限定でお探しをされていて、まだお引越しまでお時間があるようでしたらぜひこちらもご検討くださいませ。

【///////////////空き待ちページのURL入力を入力//////////////】

【5-2 その他検討物件の質問】

※この部分は必ず聞くこと。

その他にもご検討をされている物件はございますでしょうか?

もしよろしければ、お問い合わせのお部屋に条件の似た物件をご紹介させていただきたく存じます。
既にご検討をされている等の物件があるようでしたら、重複してのご紹介を防ぐ意味でもご教授いただけますと幸いです。

→ 教えてもらった場合

ありがとうございます。
それでは「ご検討中の物件名」は省いてご紹介をさせていただきます。
そちらもあわせて弊社からご紹介をさせていただけけるようでしたら、
仲介手数料を割引させていただくことが可能です。

→ 教えてくれない場合

承知しました。
他のご検討中の物件につきましても、もし弊社からご紹介をさせていただけるようでしたら、
仲介手数料を割引させていただくことが可能ですので、ぜひご検討をいただけますと幸いです。

→ 初めての場合で他の物件検討特になし

今のところ、「お問い合わせの物件」が候補だったのですね。
承知しました。
一般的なお話になりますが、物件の決定までに3~5物件を内見して比較検討すると言われております。
弊社へお問い合わせをいただいたお客様へはこのくらい物件数のご内見をおすすめしております。

→ 反応がない場合

一般的なお話になりますが、物件の決定までに3~5物件を内見して比較検討すると言われております。
弊社へお問い合わせをいただいたお客様へはこのくらい物件数のご内見をおすすめしております。

【5-3 希望の条件を聞く】

※物件の条件は返信が無かった場合でも必ず物件資料は3物件は送ること。
仲介手数料を気にしているお客様の場合、初回内見前の物件提案については、仲介手数料の割引対象にしてOKです。
初回内見時に内見数が増えても、初回で申込になる方が、結果的に時間は使わなくてすみます。

この後、類似物件をいくつかお送りいたしますので、ぜひご検討をいただければと存じます。
以下の項目につきまして、お部屋探しの条件を簡単に教えていただけますと幸いです。

・賃料上限:
・エリア(最寄駅):
・間取り:
・広さ(㎡以上等):
・入居人数:
・引越し時期(いつまで):
・その他こだわり条件:
・お引越しのご理由:

【6:初期費用の計算について】パターン5

ご契約金の概算につきましては、これから計算を致しますので、少々お待ちくださいませ。
※なお当方で計算を致しますので、日割り計算等の計算方法により実際の金額と誤差が生じる場合がございますので、予めご了承ください。

お問い合わせをいただいた物件の初期費用につきまして計算を致しましたので、ご確認くださいますようお願いいたします。

▽物件名:◎◎マンション号室
契約開始日:

※契約開始日は仮の状態です。原則は当月分と次月分の「賃料」および「管理費」を契約金としてご入金いただきます。
※保証会社は利用必須の場合がございます。

  • 当月分賃料:
  • 当月分:
  • 次月分賃料:
  • 次月分管理費:
  • 敷金:
  • 礼金:
  • 保証委託料:
  • 鍵交換代金:
  • 火災保険料:
  • 仲介手数料:
  • 安心サポート24:
  • 除菌抗菌代:
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    <保証会社利用なしの場合>
  • 合計額:
    <保証会社利用ありの場合>
  • 保証委託料:
  • 合計額:

ぜひご検討をいただければと存じます。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお申し付けください。

【6:クレジットカードの決済について】

PAGE TOP