妊娠した際の休暇

妊婦の休暇について【出産予定日2023年4月〇日】

【休暇】
①妊婦通勤時間(有給)

・通勤のはじめ終わりにそれぞれ30分 またはいずれか一方に60分(申請は1か月単位)
※要申請
※有給か無給かは、会社の取り決め次第で法的に決まりはなし。

②妊娠初期休暇(有給)

妊娠初期の妊娠に起因する障害(つわり等)のために勤務することが困難な場合の休暇(妊娠悪祖などを想定)
・妊娠初期(12週まで)の妊娠について1回、日を単位として引き続く4日以内

③妊娠初期における在宅勤務の拡大

・妊娠初期(12週まで)について、在宅勤務を1週間あたり3日まで取得可能(要申請)

④母子保健検診休暇(有給)※1回の取得時間は3時間まで

・妊娠23週まで   4週に1回
・妊娠24週から35週まで  2週に1回
・妊娠36週から出産まで  1週に1回
・出産後1年までは医師に指示された回数

⑤産前産後休業(無給)※健康保険から「出産手当金」の支給があります。

・産前:6週間以内(双子以上は14週間)※出産予定日を含みます
・産後:8週間以内
※出産手当の詳細は協会けんぽのHPをご確認ください。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g6/cat620/r311/
【支給開始日の以前12ヶ月間の各標準報酬月額を平均した額】(※)÷30日×(2/3)が1日あたり支給されます。
※産前産後休業中は健康保険・厚生年金保険の保険料は免除されます。
https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo/menjo/20140122-01.html

※【出産育児一時金】の申請が可能です。
妊娠4ヵ月(85日)以上の方が出産したときは、一児につき42万円(産科医療補償制度の対象外となる出産の場合は40.8万円(令和3年12月31日以前の出産は40.4万円))出産育児一時金が支給されます。
詳細は下記協会けんぽのHPをご確認ください。手続きは本人又は医療機関が行います(出産予定の病院に直接支払う制度があります)
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g6/cat620/r310/

⑥育児休業(無給)

・育児のために休業する従業員であって、1歳に満たない子と同居し養育する方は育児休業をすることが可能です。
※特定の要件を満たす場合は1歳6ヶ月まで延長が可能(2歳までは詳細、確認中)
※育児休業中は雇用保険から育児休業補償金が給付されます。
育児休業給付の1支給単位期間ごとの給付額は、「休業開始時賃金日額×支給日数×67%(ただし、育児休業の開始から6か月経過後は50%)」により、算出されます。

PAGE TOP